普通自動車と二輪車の同時教習で合宿免許に参加するメリットとは

合宿免許に参加する学生のほとんどは、普通自動車(四輪車)コースを選択します。一部の教習所では普通二輪車の教習も実施しており、同時教習で合宿に参加することも可能です。同時教習の最大のメリットは、別々に教習所に入所するよりも教習期間が短くなることと、格安の費用で2種類の運転免許が取得できることです。合宿に参加して同時教習を受ける場合、通学で普通自動車免許のみを取得するよりも安価な費用で2種類の免許が取得できます。
普通自動車免許を取得すれば50cc未満の原付に乗ることができますが、バイクの免許を取得すると大きなメリットがあります。バイクの免許を取得しておけば、50ccを超える小型バイクに乗ることができるようになります。50cc以上のバイクであれば自動車と同じように運転することができるので、原付よりも便利です。

合宿に参加して2種類の免許を取得するメリットとは

合宿免許で2種類の免許を同時に取得する最大のメリットは、別々に教習所で教習を受けるよりも安価で済むことです。
モデルケースとして、学校が休みの期間中(繁忙期)に一般的な自動車教習所で実施している普通自動車コース(合宿教習)の基本料金は税込で約30万円です。これに対して普通二輪車教習コース(普通自動車免許取得者)の合宿プラン料金は約13万円です。別々に合宿教習に参加すれば、合計約43万円の費用がかかります。両者の同時教習を利用すると、合宿プランの基本料金は35万円程度です。合宿に参加して同時教習を受けると、通学教習で普通自動車免許を取得する程度の費用で2種類の免許が取得できることになります。
教習日数も短期間で済みます。別々に合宿に参加するよりも同時教習の方が2日程度短い期間で教習所を卒業することができます。
合宿に参加して同時教習を受けると、費用と教習期間の面でかなりお得です。

自動車とバイクの両方の免許を取得するメリット

仕事やプライベートで自動車を運転する機会があるので、普通自動車免許の取得は必須です。これに対してバイクの免許は、仕事よりも趣味で取得する人が多いというイメージが持たれます。普通自動車免許を取得すれば総排気量50cc未満のミニバイクの運転ができますが、普通二輪免許を取得しておけば日常生活で役立てることができます。
最近は50cc~125ccの小型バイクでも原付と同じような操作感覚で運転ができるスクーター(原付2種)が販売されています。原付2種であれば四輪車と一緒に最高60km/hで走行でき、二段階右折の必要がなく、2人乗りが可能です。原付2種のバイクは50cc未満の原付と比較しても燃費・維持費・保険料がほぼ同じで、ミニバイクと同じように維持費用が安いというメリットがあります。
合宿免許を利用する際に普通自動車免許と一緒にバイクの免許も同時に取得しておけば、格安料金で2種類の免許を取得して、普段の生活に役立てることができます。