二輪の合宿免許を利用するメリット

二輪免許を取りたい場合、自宅から近所にある教習所へ通いながら取得を目指すという人が多いと言えますが、その他にも合宿免許で免許の取得を目指すという方法もあります。この合宿タイプの免許取得方法は、教習所が指定した宿泊施設に一定期間滞在しながら教習を受けるという特徴があります。そして、合宿の場合はまとまった休日が必要になるため、夏休みなどの長期休暇が利用できる学生の利用が多いと言えます。また合宿は、泊りがけで教習を受けるという特徴があるため、教習所へ通うという通学タイプの免許取得の方法とは色々な点で異なります。ですので合宿タイプでの免許取得を考えている場合は、免許取得までの期間や、費用に関すること、そして合宿免許ならではのメリットを知っておく必要があるでしょう。

免許取得までの期間や費用について

二輪の免許取得までの期間については、合宿の場合、短期間で済むというメリットがあります。通学では30日程度かかるのが一般的ですが、合宿では16日前後での取得が可能なので、通学と比べると約半分の期間で済むと言えるでしょう。どちらの場合も教習内容は同じですが、合宿では教習内容を短期間の間に詰め込んで行うため、短い期間で終わらせることができるというわけです。そして費用については、通学のケースよりやや安いというメリットがあります。それに合宿では、宿泊費や食費などが費用に含まれているため、その点を考慮すると、主に教習費用だけを支払う通学のケースよりも格安だと言えるでしょう。ただし合宿は、利用者の多い夏休みなどのシーズンは費用が高くなる傾向があるため、できるだけ安く抑えたい場合は、シーズンオフを選ぶとよいでしょう。

出会いや観光を楽しむことが出来る

合宿免許ならではのメリットとしては、まず「出会いがある」ということが挙げられます。通学では、自分の都合に合わせて通うだけなので、それほど出会いは期待できないと言えます。しかし合宿では、同じ場所で、あるまとまった期間一緒に過ごすことになるため、お互いに仲良くなったり、合宿後に連絡を取り合うような仲になるということも珍しくありません。そして合宿には、空いている時間を利用して観光を楽しめるというメリットもあります。合宿を行っている教習所は全国各地にあるため、その地域ならではの料理を堪能したり、近くにある観光地を楽しむことができます。そのため、友達や恋人と一緒に合宿へ参加して観光を楽しむのもよいですし、合宿所で知り合った人と一緒に観光をするのもよいでしょう。